日曜と祝日のみ休みの場合、年間休める日数を計算してみた

投稿日:


土日祝休みの職場もありますけど、働く場所によってはふつうに土曜日も出勤だったりしますよね。

日曜日と祝日のみが休みだった場合、1年間で休める日数を計算してみました。

Sponsored Link

日曜と祝日のみ休みの場合、年間休める日数


日曜と祝日のみ休みの場合、年間休日日数は68日です。

年末年始が12/29~1/3まで休めると仮定すると72日です。


ただし、2019年以降は新しい天皇の即位により祝日が増える可能性があります。

くわしく見ていきます。


日曜の年間日数


52日です。


1年365日で1週間は7日。365÷7=52.1

2023年は1月1日と12月31日が日曜日なので、日曜日が53日あります。


祝日の年間日数


16日です。

元旦(1月1日)/成人の日(1月の第2月曜日)/建国記念の日/春分の日/昭和の日(4月29日)/憲法記念日(5月3日)/みどりの日(5月4日)/こどもの日(5月5日)/海の日(7月の第3月曜日)/山の日(8月11日)/敬老の日(9月の第3月曜日)/秋分の日/体育の日(10月の第2月曜日)/文化の日(11月3日)/勤労感謝の日(11月23日)/天皇誕生日(12月23日)

2019年は1~3日増える可能性があります。


年末年始


ここは職種によって様々ですが4日でカウントしました。


公務員は基本的に12/29~1/3の6日間が休みらしいのでそれに合わせました。

1月1日が祝日、日曜日も1回と考えて4日にしました。



2019年は3日増えるかも?


2018年の日曜祝日年末年始の休みは68日です。

しかし2019年は祝日が3日増える可能性があります。


5月1日に新しい天皇が即位する可能性があり、ゴールデンウィークが10連休になる可能性があります。

くわしくはこちらをゴールデンウィーク 2018はいつから?最大で何連休?



以上です。


土曜日もお盆も休みだと123日くらいの休みです。

年間で50日以上休みの日数が違うので、意識しておきたいですね。


ちなみに私は土曜日は出勤の会社に勤めていたことがあります。

3連休の週だけ2日休める感じでした。


日祝日のみ休みは体を休めるだけなら、僕の場合は問題ありませんでした。

ただ、何かやりたいことがあっても時間的に厳しいとは思います。


これから職場を選ぶ方は参考にしてみてくださいね。

では。

Sponsored Link

気になるブログの記事を読んでくれてありがとうございました。1歳の子どももいるし、のんびりムリせずがモットーです。

これからも『気になる』情報をしっかり調べて、マイペースで更新していきます(*´ω`*)



-会社のあれこれ

Copyright© 気になるブログ , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.