手刀(顔の前で手を縦にふる)には起源が2種類ある

投稿日:

a1180_004189


「ちょっとすみません」と人の前を横切る時にする動き。

手刀(顔の前で手を縦にふるやつ)。


手がふさがっている時(電話中とか)におみやげのお菓子もらって「お、悪いね。ありがとう」の時の動き。

手刀。


この2つって起源が違うって知ってました?

それぞれ紹介していきますね。



Sponsored Link



■人の前を横切るときの手刀

これは人にはそれぞれ個人的なテリトリーがあって、それを通りますねって合図で使っていたものです。

開いた手を見せることで武器を持ってないことを示し、移動する方向に振ることで通る道を示します。

「あなたのテリトリーを通るけど、安心してくださいね」って意味合いで相手を不安にさせない為に行う動きです。



■何かをもらうときの手刀

これは感謝の意味を示す動きです。

合掌を省略したものですね。

言われてみればなるほどーって気がします。

そういえば、手合わせる人もいますね。



まったく同じような動作でも起源が違うんですねー。

意識してる人はどれくらいいるのでしょう。

僕はまったく意識したことなかったです。

ちなみにブログのネタ探しの為にパラパラ読んでた本で知りました。

雑学集みたいな本で、こういう本読んだことなかったんですけど、読んだら結構おもしろいですね。


あと、あんまり関係ないけれど僕はよく、「ありがとう」のかわりに「すみません」使ってしまいます。

「ありがとう」使おう使おうと意識してたらなおってきましたけど、癖なんですよね。


じゃあ今回はこの辺で。

またねー。


Sponsored Link

気になるブログの記事を読んでくれてありがとうございました。1歳の子どももいるし、のんびりムリせずがモットーです。

これからも『気になる』情報をしっかり調べて、マイペースで更新していきます(*´ω`*)



-会社のあれこれ, 会話, 雑談

Copyright© 気になるブログ , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.