ゆで卵に塩をかけるのは味の問題だけじゃない

投稿日:2015年12月1日 更新日:

a1180_008991


ゆで卵の殻が1秒で剥ける裏技は、テレビで数年に一回くらい見ますが、試したことはない管理人です。

ゆで卵の殻くらいは、パリパリと剥きたい。

効率ばかり追い求めてもね。



さて、ゆで卵を食べる時って塩かけますよね。

あれって味の問題だけじゃないの知ってました?

塩をかけないで食べてみたら、答えが分かるかもしれないです。




Sponsored Link





答え発表です。

ゆで卵に塩をかけるのは、そのままだとパッサパサで喉につまるからでした。

塩がきいてると唾液ができるので、それでふつうに食べられるのです。

塩かけたゆで卵でさえも、食べた後ってお茶のみたくなりますよね。


トンカツのソースも同じ意味があります。

トンカツそのままは確かに喉につっかえそう。


卵関係のびっくりニュースを一つ。

子どもの頃に「卵は一日一個まで」って言われてたじゃないですか?

あれ、間違いだったらしいです。

卵は何個食べても、別に害じゃないそう。

むしろ食べた方がいいらしいです。

その雑誌では一日二個以上食べてほしいって書いてありました。

体づくりにいいそうです。

気になる人はぐぐってみて下さいねー。



では、今回はこの辺で。

またね。



Sponsored Link

気になるブログの記事を読んでくれてありがとうございました。1歳の子どももいるし、のんびりムリせずがモットーです。

これからも『気になる』情報をしっかり調べて、マイペースで更新していきます(*´ω`*)



-雑談

Copyright© 気になるブログ , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.