パソコンで作業するとなぜ肩こりに?

投稿日:

111


子どものころはならなかった肩こり。

悲しいかな年齢を重ねるにつれ襲ってくる肩こり。

パソコンで作業しているとより辛くなる肩こり。

そんなあなたの為に(今この記事を書いている僕自身の為に)

なぜ肩こりになるのか、話していきたいと思います。




Sponsored Link




■肩こりの原因

パソコンで作業しているときの姿勢、ずっと同じではないですか?

そんなあなたが肩こりになりやすいんです。

血流の巡りが悪くなり、筋肉の新陳代謝がうまく行われないため、肩こりになります。

ずっと同じ姿勢だと、古い血液が流れず同じ場所でとまったまま(うっ血)になり、筋肉に十分な栄養が運ばれないのです。


■肩こりの解消法

先ほど記述したとおり、血液が流れず筋肉に栄養がいかないのが原因なので、新陳代謝をあげて血流を良くしましょう。

ストレッチです。

パソコン作業の合間合間に肩をほぐしてください。

もしくは、作業中は肩に温めグッズを。

今は温熱シートや、繰り返し使える小豆を肩にのっける商品などたくさん販売されていますね。

今まで効果を疑い、温めグッズを買わなかった自分を悔やみます。


年齢を重ねると、新陳代謝はおのずと落ちていきます。

一番は自分で体を動かし新陳代謝をあげて解消することです。コスパよく健康になれます。



子どもの頃にはならなかった肩こり。

子どもの頃には、遊んでよく動き回っていました。筋肉がよく動いて、血流が良かったんでしょうね。

パソコンにさわって過ごすのが日課の方、

休日には子どもの頃を思い出し、動き回って遊んでみたらいかがでしょうか?

僕もたまには、公園でバトミントンでもしてみようかな、と思います。

それでは、読んで頂いてありがとうございます。





Sponsored Link

気になるブログの記事を読んでくれてありがとうございました。1歳の子どももいるし、のんびりムリせずがモットーです。

これからも『気になる』情報をしっかり調べて、マイペースで更新していきます(*´ω`*)



-仕事術, 雑談

Copyright© 気になるブログ , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.