寒すぎると体が勝手にガタガタ震える理由

投稿日:

a1200_000035

最近、急に寒くなりましたね。

寒すぎると体が勝手にガタガタ震えだします。

いやー、冬は嫌ですね。

なーんか、なにするのもおっくうだし。

冬より夏の方が好きなんです。

こたつで鍋食うときは冬も好きなんですけどね。

そんなわけで、寒すぎると体が勝手にガタガタ震える理由を紹介しますね。

Sponsored Link

■寒すぎて震えるのは体温調整のため

人間の体温は驚くほど安定しています。

気温が暑かろうが寒かろうがほとんど一定です。

体が調整してくれます。

暑かったら汗をかきますよね。

あれの逆です。

寒い時は体を丸めて体温を維持しようとしたり、震えて(運動して)血液を全身にめぐらせて体を温めようとします。

■怖いときに震えるのは?

寒いときに震えるのは、温度調整のためなのは分かりました。

では、めっちゃ怖いときに体がガタガタ震えるのはなんでなのでしょう。

あれは体温調整というよりは、ウォーミングアップです。

怖いと逃げたくなるのが本能です。

逃げるときにスタートダッシュを決めるために、体をあたためているのです。

けっこう現実的な理由だったんですね。

ちなみに私がサッカー部だったころに、ベンチで待機中に足の5本指が全部バラバラに動いたことがありました。

自分の意志とは無関係にです。

よっぽど逃げたかったのだろうね。

ごめんね、僕の足の指。

みなさまもあんまり震えるなら無理しちゃいかんぜ!

ではまた。

Sponsored Link

気になるブログの記事を読んでくれてありがとうございました。1歳の子どももいるし、のんびりムリせずがモットーです。

これからも『気になる』情報をしっかり調べて、マイペースで更新していきます(*´ω`*)



-雑談

Copyright© 気になるブログ , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.