ナラタージュってどんな意味?わかりやすく説明します。

投稿日:


ナラタージュの意味をわかりやすく説明します。

Sponsored Link

ナラタージュの意味を一言で!


ナラタージュとは今を生きる人物が語る言葉で、過去を振り返るという意味です。

くわしく説明していきます。

ナラタージュってどんな意味?くわしく!


ナラタージュ(narratage)の意味は辞書ではどのように書かれているのでしょうか。

映画などで、ある人物の語りや回想によって過去を再現する手法。

(引用:デジタル大辞泉)

映画で、画面外の声に合わせて物語が展開していく技法。多く回想場面に用いられる。

(引用:三省堂 大辞林)

画面は過去になっても、語り手が現在の立場を話す、一種のナレーション。

(引用:東京映画映像学校HP 業界用語辞典)


表現の仕方はそれぞれですね。


■音声・・・いま現在

■スクリーンの映像…過去



の状態です。

音声が映像を振り返っている状態ですね。

この後の未来が分かっている人物が語ることで、ちょっと距離を置くことができそうですね。


ナラタージュの例


ナラタージュの例を挙げます。

例:もう二度と会えないなんて、その時は思いもしなかった。

【『もう二度と会えない』ことを知っている今の音声】が【過去の『その時』】を物語っています。


■音声・・・いま現在

■スクリーンの映像…過去


ナラタージュの分かりやすい例です。


ナラタージュ(narratage)は映画用語で、ナレーション(narration)とモンタージュ(montage)をくっつけた造語です。

ナレーション(語り)によるモンタージュ(カット、編集)で、ナラタージュ。



ナレーション(narration)の意味


ナレーションの意味をgoo辞書から引用します。

1 物語。叙述。

2 映画・テレビ・演劇などで、劇の筋や場面、登場人物の心理などを説明すること。また、その説明。語り。


今回のナラタージュに関わるのは2の意味です。

説明すること。語り。



モンタージュ(montage)の意味


モンタージュの意味をWikipediaから引用します。

映画用語で、視点の異なる複数のカットを組み合わせて用いる技法のこと。(中略)映像編集の基礎であるため、編集と同義で使われることも多い。


現在の『声』と過去の『映像』を組み合わせているという意味合いでしょうか。

それと『色んな映像』かな?


どっちの合成かは分かりません。

過去の色んな映像(モンタージュ)を語る(ナレーション)っぽい気がします。



以上、ナラタージュの意味でした。

映画用語ですが、ドラマや小説でもよく見られる技ですね。


・・・なんか上手くまとめ切らんかった。

わかりやすくとかタイトルに書いたけど、ちょっとわかりにくいような・・・。

Sponsored Link

気になるブログの記事を読んでくれてありがとうございました。1歳の子どももいるし、のんびりムリせずがモットーです。

これからも『気になる』情報をしっかり調べて、マイペースで更新していきます(*´ω`*)



-言葉

Copyright© 気になるブログ , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.