3泊4日の1歳子連れグアム!離乳食はこのくらいの量。

投稿日:


赤ちゃん連れの旅行の場合、離乳食どれくらい持っていくか考えますよね。

私も1歳の子どもがいるので、旅行など遠出の時は離乳食が必須です。


1歳なら大人のとりわけでもいけるという人もいますが、外国だし・・・。

今回は3泊4日でグアムに行ったときの話をします。

Sponsored Link

3泊4日グアムの離乳食


【朝】ホテルビュッフェから

【昼】ベビーフード(80g)3品

【夜】ベビーフード(80g)3品

【間食】ベビーおやつ(ハイハインなど)、パン

+【予備】


という感じで準備しました。


毎日ベビーフードっていうのも気になるので、朝くらいはホテルのビュッフェからとることに。

そのために事前に卵食べれるようになっていると幅広がりますよー。


1日目の昼と4日目の夜は機内食。

ちなみにJALの機内食(行き)はこんな感じ。


帰り便はバナナはあったけど、おせんべいは無かったです。


結局グアムに持っていた離乳食は

・ベビーフード(80g)18個 + 予備4個

・ハイハイン1袋

・パン1袋


です。そこそこの量です。


あ、グアムは肉類が持ち込みNGです。

一見お肉使って無さそうなベビーフードでもけっこうキチンエキス入ってるので気を付けて下さいね。


後述しますが飲み物も持っていきました。

ビビりなのでオムツ着替えも予備含めてしっかりと。


大きなスーツケースが丸々1つ子どものものでパンパンに。


3泊4日グアムの赤ちゃんの飲み物


赤ちゃんの飲み物は

500mlのベビー麦茶を4本+予備1本。

計5本持っていきました。


コップ飲みは練習してないので、ストローとストロー水筒も。


行きの飛行機内には、ベビー用飲み物は持ち込みませんでした。

おとな用の麦茶で代用。


帰りの飛行機は荷物検査場で『赤ちゃん用の飲み物です』と伝えれば持ち込ませてくれました。


行きの飛行機も拒否されたわけではなく、持ち込まなかっただけです。

たぶん伝えたらいけるんだと思います。




以上です。

こっから下は離乳食とは関係ありませんが、子ども関係の持ち物のことを。


持って行って良かったもの


・薄手のパーカー

常夏のグアムでも店内はけっこう寒いです。

とくに長時間のショッピングや食事のときは、薄手のパーカーなど羽織れるものがあると安心です。


・抱っこ紐

やっぱり海外ですので、ホテル以外では基本的に抱っこで過ごしました。


ベビーカーも借りましたけど、抱っこ紐は要ります。

一緒にいった友人は簡易タイプの抱っこ紐でした。慣れてればコンパクトだし、それも便利ですね。


リュックとは別にもう一つトートバックを持って行って、使わないときはその中に入れてました。


・スマホに子どもの好きな動画

赤ちゃんや子どもと海外旅行をすると、飛行機でどれだけ子どもをおとなしくさせておけるかはポイントです。

スマホやタブレットに子どもの好きな動画を入れておくと役に立ちます。

まあ本格的にグズったらムリですけど。



あれば良かったなってもの


・ウォータープルーフの子ども用日焼け止め

子ども用の日焼け止めは、ふつうだけ持っていきました。

やっぱりプールすると焼けます。

ウォータープルーフのものを持っていくと安心ですね。


・大きめのバスタオル


ホテルは靴のまま過ごすので、赤ちゃんをハイハイさせられずに基本ベット。

大きめのバスタオルなんかがあれば、ちょっとは動けるスペースをつくれた思います。

まあホテルのもので代用できるんですけどね。



持って行ったけど使わなかったもの


・靴

まだ伝い歩きしかできないんですけど、一応ファーストシューズ持っていきました。

でも出番はなし。


・雨カッパ

グアムはスコールも多いので、子ども用の雨かっぱを買っていきました。

今回は運がよかったので使う場面はなし。


レンタカー移動がメインなら要らないかなと思います。




以上です。

グアムの店員さんは赤ちゃんに優しい人ばかりでしたよ。


楽しんできてくださいね。


1歳児子連れグアム旅の詳しいレポはこちらです↓

1歳児と3泊4日グアム旅行記!オンワードホテルや食事などレポ

Sponsored Link

気になるブログの記事を読んでくれてありがとうございました。1歳の子どももいるし、のんびりムリせずがモットーです。

これからも『気になる』情報をしっかり調べて、マイペースで更新していきます(*´ω`*)



-子連れグアム旅2017

Copyright© 気になるブログ , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.