非常に激しい雨とは雨量どれくらい?雨の強さと表現まとめ!

投稿日:


天気予報で『沖縄はいま、非常に激しい雨が・・・』なんて表現聞きますよね。

非常に激しい雨ってどれくらいなの?と思って調べるとちゃんと基準があるみたいです。

雨の強さと呼び方の関係をまとめました!

Sponsored Link

非常に激しい雨とはどれくらいの雨量?


非常に激しい雨とは1時間の雨量が50以上~80未満(mm)の時に使う表現です。


雨の強さと表現の一覧表


雨の強さ・降り方と雨の表現の関係を一覧表でまとめときます。

1時間の雨量(mm)雨の表現
10以上~20未満やや強い雨
20以上~30未満強い雨
30以上~50未満激しい雨
50以上~80未満非常に激しい雨
80以上~猛烈な雨
なんとなくニュースを見ていると気づきにくいですが、きちんとルールがあるんですね。

知っていれば対応も変わってくるので、覚えておくといいかもしれません。


雨の強さと傘が役立つかの関係


雨の強さと傘が役立つかの関係の表です。

1時間の雨量(mm)傘は役に立つ?
10以上~20未満跳ね返りで足元が濡れる
20以上~50未満傘をさしていてもぬれる
50以上~傘は全く役に立たない

1時間の雨量が20mmを超えると、傘をさしていても濡れると覚えておきましょう。

1時間に50mm以上の雨が降っている時は傘はダメです。後述しますが車の運転も危ないので、なるべく動かないのが無難です。


雨の強さと車の運転の関係


雨の強さと車の運転の関係です。

1時間の雨量(mm)車の運転
20以上~30未満ワイパーを速くしても見づらい
30以上~50未満高速ではブレーキが効かなくなる
50以上~危険

50mmを超える非常に激しい雨や猛烈な雨の場合は運転は控えた方がいいです。

傘も役に立たないので、なるべく外出はやめましょう。


非常に激しい雨は寝ていても起きる


非常に激しい雨は寝ていても起きる可能性が高いです。

1時間の雨量が20mmを超えると寝ている人の半数くらいが雨に気づくと言われています。


おまけ:雨量(降水量)ってどうやって測るの?


おまけです。

今回の記事書いていて、雨量(降水量)の測り方が気になりました。

結論だけ言うと

①入口と底が同じ面積
②側面が垂直
③底が水平

な入れ物ならばOKです。家庭でも測れます。

雨の跳ね返りが入らない場所に1時間置いておけば、1時間の雨量が図れます。

大きさは関係ありません。入口と底の面積が同じなら、鍋でも家庭プールでも同じ深さが貯まります。

ちなみに正式なものは直径20cmが標準サイズだそうです。


以上『非常に激しい雨とは雨量どれくらい?雨の強さと表現まとめ!』でした。

今回の記事を書くにあたって気象庁HPの『雨の強さと降り方』を参考にさせて頂きました。
(http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/yougo_hp/amehyo.html)

Sponsored Link

気になるブログの記事を読んでくれてありがとうございました。1歳の子どももいるし、のんびりムリせずがモットーです。

これからも『気になる』情報をしっかり調べて、マイペースで更新していきます(*´ω`*)



-言葉

Copyright© 気になるブログ , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.