諸々(もろもろ)の意味は?類語など分かりやすく説明します。

投稿日:


諸々(もろもろ)の意味や類語を分かりやすく説明します。

読み方や使い方の例などもまとめました。

Sponsored Link

諸々(もろもろ)の意味


諸々で調べると以下のような意味が出てきます。

多くのもの。いろいろのもの。さまざまのもの。 「 -の説がある」 「その他-」
(引用:Weblio辞書)

多くのもの。さまざまのもの。また、多くの人。「―の出来事」「―の事情」
(引用:goo辞書)


たくさんの、多くのという意味ですね。

『諸々ご迷惑おかけしました。』というのは『たくさんのことでご迷惑おかけしました。』という意味合いです。


諸々の読み方と漢字


諸々の読み方は『もろもろ』です。『しょしょ』と読むのは間違い。

また『々』は繰り返しの意味です。漢字で『諸諸』と書くのは間違いではありません。


諸々の類語


諸々と似た意味を持つ類語を紹介します。

■色々(いろいろ)・・違う状態のものがたくさんあること。

■様々(さまざま)・・・色んなものがあること。

■多種多様(たしゅたよう)・・・種類がたくさんあって、さまざまな様子


諸々と色々の使い分け


色々は敬語としてはあまり使われません。

ビジネスシーンでは諸々の方が好まれると思います。


ビジネス以外での私の使い分けですが、

■諸々・・・ひっくるめてひとつと考える場合

■色々・・・バラバラでいくつかある場合


というイメージで使い分けています。

(※あくまで私の使い分けです)


諸々の使い方例


最後に諸々の使い方の例を紹介します。

■その他諸々

■諸々の説があります

■諸々の事情

■諸々ご説明いたします



諸々はたくさんのという意味ですが、それらが繋がりがある場合『一連(いちれん)の』という言葉もつかえます。

似ている言葉がたくさんあるのは日本語の特徴のひとつです。

微妙なニュアンスの違いを楽しめる人になりたいものですね。

では。

Sponsored Link

気になるブログの記事を読んでくれてありがとうございました。1歳の子どももいるし、のんびりムリせずがモットーです。

これからも『気になる』情報をしっかり調べて、マイペースで更新していきます(*´ω`*)



-言葉

Copyright© 気になるブログ , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.