茫洋(ぼうよう)ってどんな意味?類語や使い方は?

投稿日:


茫洋(ぼうよう)の意味を分かりやすく説明します。

使い方や類語、反対語なども併せて紹介します。

Sponsored Link

茫洋(ぼうよう)の意味


茫洋とは限りなく広い。広すぎて見当もつけられない。という意味です。

広々として限りのないさま。広くて見当のつかないさま。「―たる海原」「―とした人物」
(goo辞書より引用)



茫洋たる人の意味


茫洋たる人というのは掴みどころのない人という意味です。

茫洋の『見当もつけられない』というところからだと思います。



茫洋と芒洋は同じ意味!


ぼうようは『茫洋』と『芒洋』の2パターンの漢字があります。

この2つの意味はまったく同じです。

『茫』はあまり使わない漢字なので、『芒』でもOKとしているだけです。


渡『邊』さんっていう名前の人が渡『辺』って書くことがありますよね。

あれと同じです。



茫洋の具体的な使い方は


茫洋の具体的な使い方を紹介します。

■茫洋としてつかみどころがない人物

■茫洋たる大海

■彼女は茫洋としていて何を考えているのか謎である

■全体の雰囲気は茫洋としているが、目には強い意志を感じた

■いい意味で茫洋としている彼は、いつも場の空気をとりもっている



茫洋の類語


茫洋と似ている意味を持っている類語を紹介します。

■限りない・・・果てしなく続いているさま。『限りない』は線に、『茫洋』は面にという使い分けです。

■広大(こうだい)・・・広く大きいこと



茫洋の反対語


茫洋と逆の意味を持っている反対語を紹介します。

■有限(ゆうげん)・・・限りがあること

■狭隘(きょうあい)・・・狭いこと

■猫の額(ねこのひたい)・・・狭いこと

■露骨(ろこつ)・・・なにを考えているかはっきりわかること

■赤裸々(せきらら)・・・包み隠しのないこと



以上です。

色々調べていくなかで『茫洋タル病』っていう曲(インスト)があるのを知りました。

茫洋なる病・・・意味深ですね。


では。

Sponsored Link

気になるブログの記事を読んでくれてありがとうございました。1歳の子どももいるし、のんびりムリせずがモットーです。

これからも『気になる』情報をしっかり調べて、マイペースで更新していきます(*´ω`*)



-言葉

Copyright© 気になるブログ , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.