希有(けう)ってどういう意味?稀有との違い、対義語や使い方は?

投稿日:


希有(けう)はどういう意味でしょうか。

稀有との違い、類語、対義語、使い方とあわせて分かりやすく説明します。

Sponsored Link

希有の意味


まずは稀有の言葉の意味からです。

[名・形動]

1 めったにないこと。とても珍しいこと。また、そのさま。まれ。「―な(の)出来事」

2 不思議なこと。また、そのさま。

「ここに―なは『いるまん』の『しめおん』じゃ」〈芥川・奉教人の死〉

3 とんでもないこと。けしからぬこと。

「―のわざする男かなと、ののしるときに」〈宇治拾遺・二〉

4 (「希有の命」の形で)危うく死を免れること。

「平氏の大将維盛、通盛、―の命生きて加賀国へ引き退く」〈平家・七〉

(goo辞書より引用)


ふだん使うのは1の意味が多いです。

希有はめったにない、とても珍しいという意味です。



希有と稀有の違い


『けう』は希有と稀有という2つ漢字があります。

この2つに違いはあるのでしょうか?


結論から言います。違いはなく、まったく同じ意味合いです。

『稀』という漢字はあまり使わないので、『希』でもOKということにしたそうです。


例えば『齋藤』という名前の人は『斉藤』と書くことがありますよね。

あれと同じです。

難しい漢字を簡単にしただけで、特に違いはありません。



希有の『けう』以外の読み方


希有(稀有)には『けう』以外の読み方があります。

きゆう』です。

どちらでも間違いではありませんが、一般的には『けう』と読むことが多いです。



希有の類語は?


希有と同じような意味を持つ類語は


■貴重(きちょう)・・・とても大事なさま

■希代・稀代(きだい)・・・世にもめずらしいこと

■非凡(ひぼん)、超凡(ちょうぼん)・・・ふつうの人よりはるかに優れていること

■希・稀(まれ)・・・珍しい

■稀覯(きこう)・・・めったに見られないこと

■希少・稀少(きしょう)・・・珍しくて少ししかないこと



などがあります。


稀(希)という漢字自体に『珍しい』という意味があります。

類語にも稀(希)という漢字が使われているものが多いですね。



希有の対義語は?


次は稀有と反対の意味を持つ対義語を紹介します。


■凡庸(ぼんよう)、平凡(へいぼん)・・・ふつうなこと

■陳腐(ちんぷ)・・・ありふれていてつまらないこと

■月並(つきなみ)・・・ありきたりなこと



などです。



希有の使い方・例文は?


最後に希有の使い方や例文を紹介します。

よく見る使い方を書いておきます。


■希有な才能

■希有な人

■希有な出来事

■希有な例

■希有な時代

■希有な存在

■希有な幸運



次に例文をいくつか挙げておきます。


■彼は日本どころか、世界でも希有な才能の持ち主だ

■この会社では海外出張は稀有である

■塩は太古の昔、とても希有で貴重なものだった



これはどれも『とても珍しい』という意味合いで使っています。

使い方を覚えたら、ぜひ実際に使ってみてくださいね。



以上『希有(けう)ってどういう意味?稀有との違い、対義語や使い方は?』でした。


色々調べているなかで『杞憂(きゆう)に終わる』を『希有に終わる』と書いているブログを見かけました。

『きゆう』と入力して『希有』が出てきたのだと思うのですが『希有に終わる』は間違いです。


PCやスマホだと難しい漢字も変換できてしまいます。

こんなブログ書いてるので、誤用には気をつけないと気づかないうちに間違えてそうですよね。


では!

Sponsored Link

気になるブログの記事を読んでくれてありがとうございました。1歳の子どももいるし、のんびりムリせずがモットーです。

これからも『気になる』情報をしっかり調べて、マイペースで更新していきます(*´ω`*)



-言葉

Copyright© 気になるブログ , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.