2次元、3次元ってどういう意味?違いは?

投稿日:


アニメやマンガは2次元で、私たちの住んでいる現実世界は3次元です。

『2次元に住みたい』なんて冗談を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。

今回は『2次元』『3次元』の言葉の意味や違いを説明します。

Sponsored Link

次元=ある場所を示すのに必要な情報の数


次元というのは『ある場所を示すのに必要な情報の数』のことです。

これだけでは意味が分かりずらいと思うので、具体例を上げながら説明します。


2次元の意味


先ほどの定義だと、2次元は『ある場所を示すのに必要な情報は2つ』である状態を意味します。


例えば学校の教室の壁を想像してください。その壁のどこかに画びょうを刺します。

その画びょうの位置を説明するには2つの情報があればいいですね。

仮に壁の左下隅をゼロ地点とします。

・画びょうはゼロ地点から2メートル右にある。
・画びょうはゼロ地点から1.2メートル上にある。

この2つの情報だけで画びょうの位置は分かります。


こんな感じで、【左右】と【上下】の2つの情報だけで位置が分かる状態が2次元です。

簡単に言ってしまうと『2次元=平面』です。

アニメやマンガは『2つの情報で決まる点』だけでできているので2次元です。


3次元の意味


3次元は『ある場所を示すのに必要な情報は3つ』という状況を意味します。


教室の机の上に置かれた消しゴムを想像してみてください。

後ろの壁の左下隅をゼロ地点とします。

まず2つの情報を出します。

・消しゴムはゼロ地点から3メートル右にある。
・消しゴムはゼロ地点から1.5メートル上にある。

この2つの情報だけでは消しゴムの場所は分かりません。もう一つ情報が必要です。

・消しゴムはゼロ地点から3メートル前方にある。

この3つの情報があれば、消しゴムの位置が正確に分かります。

【左右】【上下】に加えて【前後】の情報も要るのが3次元です。


2次元と3次元の違いは『ある場所を示すのに必要な情報の数』です。


1次元は直線


1次元は1つの情報で位置が決まる状態です。

1次元は直線のことです。

『ゼロ地点から3センチ進んだところ』という1つの情報だけで、位置が正確に決まります。


地球は2次元で待ち合わせは4次元?


くわしくは説明しませんが、地球上での物体の位置は【経度】と【緯度】の2つで表します。通常は土の中や上空のことは考えません。

表面だけで考えると地球上は2次元だと言えます。


私たちは待ち合わせ場所を【○○ビルの2階の喫茶店に10時集合】という風に決めます。

これは3次元の空間情報に【時間】という次元が追加されています。

次元は『ある場所を示すのに必要な情報の数』なので、この場合の私たちは4次元に住んでいるとも言えます。


こんな感じで、見る角度によって次元数は変わります。

私たちの住んでいる現実も2次元・3次元・4次元とコロコロ姿を変えるんです。

不思議っちゃ不思議ですね。


では今回はこの辺で。


Sponsored Link

気になるブログの記事を読んでくれてありがとうございました。1歳の子どももいるし、のんびりムリせずがモットーです。

これからも『気になる』情報をしっかり調べて、マイペースで更新していきます(*´ω`*)



-言葉

Copyright© 気になるブログ , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.