年度末が忙しい理由を説明します!

投稿日:2017年3月24日 更新日:


『年度末は忙しいんだ。尋常じゃないんだ』
・・・と言われても、ピンとこない方もいるでしょう。

仕事をされていなかったり、仕事の忙しさのピークが年度末ではない方もいます。そんな方は年度末の恐ろしさが想像できないのも仕方ありません。

そんな方のために今回は『年度末が忙しい理由』を、わかりやすく説明します。

Sponsored Link

年度末が忙しい理由はイレギュラーな仕事が多いから


年度末が忙しい理由、それはイレギュラーな仕事が集中するからです。

1、決算
2、予算決め
3、部署替え
4、新人への準備
5、年間目標達成へのラストスパート
6、納期が年度内


僕が思いつくだけでも、こんなにイレギュラーがあります。普通の仕事もあるので、そりゃあ忙しいですよね。

一つずつ詳しく見ていきましょう。


年度末が忙しい理由1、決算


決算は12月か3月の会社が多いです。上場企業のような大きい会社は3月決算が目立ちます。

3月決算の理由は『国の予算は4/1~3/31と設定されているので、国や地方自治体と取引がある場合は何かと都合が良いため』と言われています。

決算で特に忙しいのは経理関係の人ですね。

私は経験したことがありませんが、横目で見る限りはエゲつない程の正確さが要求されます。


年度末が忙しい理由2、予算決め


ほとんどの企業では、決算月に合わせて年間の予算決めを行います。

4~翌年3月までを1年とし『様々な計画』を立てます。

『予算』や『年間売り上げ目標』などを設定する立場の人は、かなり時間を奪われます。

『年間目標』みたいなものを全社員提出しないといけない会社も、けっこうあるのではないでしょうか。


年度末が忙しい理由3、部署替え


4月は新部署への部署替えがあるタイミングです。

3月に古い部署での『引継ぎ』と、新しい部署への『準備』をしておかなければいけません。


年度末が忙しい理由4、新人への準備


4月は新社会人などの新人が入ってきます。当然3月に準備が必要です。

マニュアル作りや教育係り、歓送迎会などがありますね。

歓送迎会があるため、飲食店スタッフも年度末は大忙しです。

人の移動が多いと、その分仕事も増えます。


年度末が忙しい理由5、年間目標達成へのラストスパート


理由2で、『予算』や『目標』は年度末までを1クールとして考えると書きました。

つまり、年間目標が達成できるかどうかは決算月にかかっています。

目標達成のために、セールやイベントをする会社も多いです。いわゆる決算セールですね。

営業の方や小売り業のスタッフは大忙しです。棚卸もあるので、普段の倍以上忙しいこともあります。


年度末が忙しい理由6、納期が年度内


納品や工事は『年度内』に終わらせたい会社がほとんどです。

発注→納品の間で年度が変わると、事務作業が複雑になるためです。

普段より短い納期なので、その分仕事がきつくなります。




僕が思いつくだけでも、これだけのイレギュラーがあります。年度末は忙しいわけですよね。

一見関係なさそうな人も巻き込まれることがあります。

忙しい人を手伝う人がいます。忙しい会社をフォローする会社があります。そんな理由で、社会全体が忙しいオーラに包まれるんです。

んー、恐ろしいですね年度末。


ピンと来なかった方も、なんとなく理解して頂けましたでしょうか?

職種によっては、仕事以外は何もできないレベルになってもおかしくありません。

そんな人を見かけたら、ちょっと優しくしてあげてくださいね。優しさのインフレスパイラルを起こしていきましょう。

では、今回はこの辺で。

Sponsored Link

気になるブログの記事を読んでくれてありがとうございました。1歳の子どももいるし、のんびりムリせずがモットーです。

これからも『気になる』情報をしっかり調べて、マイペースで更新していきます(*´ω`*)



-会社のあれこれ

Copyright© 気になるブログ , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.