Twitterの『無言フォローすいません』の意味はこっち!

投稿日:


数か月前にTwitter始めたんですが、

『無言フォローすいません』
『無言フォロー失礼します』
『無言フォローごめんなさい』


みたいな文章がプロフィール欄が書いてあるのを、よく見かけます。

これって、

1、『(私は)無言フォロー(します。)すいません』
2、『無言フォロー(する人は)すいません(けど私をフォローしないでね)』


のどっちなのか混乱しませんか?私は迷ってしまいました。迷いすぎてフォローを躊躇してました。

実体験にもとづいて、みんなどっちの意味で使っているのかを紹介します。

Sponsored Link

無言フォローってどういう意味?


Twitter始めたばかりのの人は、ちょこちょこ分からない単語が出てくると思います。

一応言葉の意味を説明するので、『知ってるよ』な人は飛ばしてください。

さて、じゃあ意味を。

『無言フォロー』とは、無言でフォローすることです。

そのまんまです。

誰かをフォローする時に

『同じ○○が好きで、話が合いそうなのでフォローさせてもらいます』
『面白いツイートが多いですね。フォローさせて頂きます』


みたいな挨拶を丁寧にして下さる方もいます。こういうメッセージ嬉しいですよね。

ちなみに私の体感では、9割は無言フォローです。


『無言フォローすいません』の意味はこっち!


結論から言うと、ほとんどの人が

1、『(私は)無言フォロー(します。)すいません』

で使っています。

『無言フォロー失礼します』
『無言フォローごめんなさい』


も、ほとんどが同じ意味合いです。


Twitterはネット上のSNSですが、使っているのは人間です。

実生活で、まったくの赤の他人が、いきなり会話に混ざってきたらビックリしますよね?

一声かけるのが、実社会ではマナーです。マナーというか、まあ当たり前ですよね。

でもネットになったとたん、これをやりがちなんですよね。一言もなく、いきなり会話に入ってしまう。

無言フォローがTwitterでルール違反かどうかといわれればNOだと思います。開かれたSNSですし、フォロワーが数万人とかいる人や企業アカウントは、いちいち一声かけられても反応するのも大変です。

ただ、個人でやっている人は『フォローするなら一声かけてよ』って人もいます。こっちの気持ちもわかりますね。

どっちにも対応でき、マナーの良い人が『無言フォローすいません』と書いていることが多いです。


無言フォローしてはダメな人は?


Twitterやっている人のなかには、無言フォローしてほしくない人もいます。実社会と同じで、色んな人がいますよね。

無言フォローしてはダメな人は、プロフィール欄や定期ツイートでこんな文を書いてあることが多いです。

『フォローするときは声かけてくれると嬉しいです』
『無言フォローはお断りです』


こういう人をフォローするときは、一声かけましょう。


『フォロバ目当てのフォローはお断りです』

フォロバ目当ての人は静かに引き下がりましょう。


『出会い厨お断りです』

Twitterに出会いを求めている人はフォローしない方が良いです。


新しく誰かをフォローするときは、確認した方がいいですね。だいたいプロフィール欄に書いてあります。



以上、Twitterの『無言フォローすいません』の意味はこっち!でした。

まれにですが『無言フォローしてしまった方、すいませんがよろしくお願いします』とか『無言フォローしちゃいます』とか書いてあるのを見ると、ちょっとほっこりした気分になります。

Twitterってカオスなイメージでしたけど、実際やってみると常識的でスマートな方がほとんどで管理人は嬉しいです。


ではでは、今回はこの辺で。

Sponsored Link

気になるブログの記事を読んでくれてありがとうございました。1歳の子どももいるし、のんびりムリせずがモットーです。

これからも『気になる』情報をしっかり調べて、マイペースで更新していきます(*´ω`*)



-言葉

Copyright© 気になるブログ , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.