九州の人が歩いて渡れる橋5選!

投稿日:2016年7月18日 更新日:

1.


九州は自然豊かな土地です。

夏は涼みに、秋は紅葉に、

自然を楽しむことができる橋に行ってみましょう。

歩いて渡れる橋ってどんなところがあるの??

今回は福岡・大分・熊本・宮崎・鹿児島の5県から1橋ずつ厳選して紹介します。



Sponsored Link



杣の大吊橋

福岡県八女市にある杣の大吊橋。
八女市内から車で1時間半ほどかかる位置にあります。

高さ640m、長さ150mの大きさです。

レストランや体験コーナー、遊歩道がある渓流公園のなかに吊り橋があります。
橋の柵がネットで、ゆらゆらと揺れると恐怖体験ができます。
また橋の床が木でできており、進むと透明なパネルで下を覗け、よりスリルが沸いてきます。

公園の川で釣り体験もできるので、お子様も一緒に楽しめるスポットです。

料金;大人200円、小人100円


九重“夢”大吊橋

大分県の九重町にある九重“夢”大吊橋。
九重ICから車で25分ほどかかる位置にあります。

標高777m、長さは390mの大きさです。

20分程で往復できます。
真ん中位まで歩いていくと遠くに日本の滝百選に選ばれた「震動の滝」も見えます。
橋の中央部分がグレーチング(鉄格子)構造で橋の下を見ることができるので、クールダウンできそうです。(笑)
360度自然を感じられるので、ヒーリング効果もあり。

橋の入り口近くに売店もあり、近隣の牧場ヨーグルトや九重夢バーガー等も楽しめます。

料金;中学生以上500円


通潤橋

熊本県山都町にある通潤橋。
御船ICから車で40分ほどかかる位置にあります。

高さ20.2m、長さは75.6mの大きさです。

水の郷百選や、日本の音風景百選に選ばれた水を通すアーチ型の石橋。
江戸時代の水不足に対応するために作られた橋のようです。
橋の上に、手すりはないのでスリルを味わうこともできます。

実際に放水される時間が決まっているので、公式のホームページにてご確認ください。

遊歩道も設置されており、橋から10分程歩くと高さ50mの五老ヶ滝も観れます。

※現在は熊本地震の影響で橋に亀裂が入っており放水・渡橋はできません。

料金;無料


綾の照葉大吊橋

宮崎県綾町にある綾の照葉大吊橋。
宮崎市内から車で1時間弱かかる位置にあります。

高さ142m、長さ250mの大きさです。

周囲が山だらけなので、自然の迫力を楽しむことができます。
橋の中央部分がグレーチング(鉄格子)構造で橋の下を見ることができるので、クールダウンできそうです。(笑)
橋を渡り切ると、遊歩道もあり森林浴が楽しめます。

近くにある照葉樹林文化館(資料館)で、照葉樹林や森の生き物について学べますし、
酒泉の杜というご飯やお風呂が楽しめるスポットもあります。

料金;小学生以上300円


大滝橋

鹿児島県錦江町にある大滝橋。
錦江町中心部から車で40分ほどかかる位置にあります。

高さ68m、長さ130mの大きさです。

神川大滝公園という自然公園のなかに吊り橋があります。
高さ25メートルの神川大滝と小滝を眺めることができる橋です。
ただ、吊り橋に行くのに上り坂や階段を徒歩で10分程要するので、年配の方などには厳しいかもしれません。

大滝の茶屋で滝を眺めながら、そうめん流しを楽しめます。
自然を歩いて楽しみたいという方におすすめです。

料金;無料



王道なものからちょっとマニアックな橋を厳選して紹介してみました。

自然やスリルを満喫できる橋、楽しんでみてください。


※ 関連記事はこちら ρ(・∇・*) ※
九州のおススメ橋3選!特徴や見どころなど



Sponsored Link

気になるブログの記事を読んでくれてありがとうございました。1歳の子どももいるし、のんびりムリせずがモットーです。

これからも『気になる』情報をしっかり調べて、マイペースで更新していきます(*´ω`*)



-旅行, 雑談

Copyright© 気になるブログ , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.