コーヒーのミルク、成分・保存方法について

投稿日:2016年6月4日 更新日:

1.



コーヒーの酸味を消して、まろやかにしてくれるミルク。

ミルクといっても液体状・粉末状とあります。

保存方法等もかわってくるので、ぜひ一度確認してみましょう。



Sponsored Link


ポーションミルク(液体)

ポーションミルクにも成分が種類があります。

植物性脂肪 マイルドなコーヒーに最適
      あっさりタイプ
      市場でよく出回っている商品

乳脂肪   苦味のあるコーヒーに最適
      ミルク感が強い
      あまり見かけないので探すのが大変

植物性と乳脂肪の混合 深煎りされたコーヒーに最適


保存方法は、冷蔵庫で保存(5度前後がベストです)。
冷やしすぎると、うまくコーヒーに混ざらないこともあります。
パッケージに書かれた温度を意識して見てみましょう。

また一度開封すると、風味がなくなるので早めに使い切ることが大事です。
パウダータイプより賞味期限が短いので、注意が必要です。


パウダータイプ(粉末)

コーヒーに溶けやすく、コーヒーの風味を引き立ててくれます。

ポーションミルク(液体)同様、植物性・乳脂肪があります。

保存方法は、常温保存できます。
湿気が大敵なので、開封後はビン等にいれしっかりフタをしましょう。


ミルク選びのチェックポイント

・コーヒーの風味を残すこと
・コーヒーに綺麗に混ざること

この2点をクリアするミルクを探してみましょう。


色々なメーカーから出回っているミルク。
自分に合うミルクを探して、優雅なコーヒータイムを!



Sponsored Link

気になるブログの記事を読んでくれてありがとうございました。1歳の子どももいるし、のんびりムリせずがモットーです。

これからも『気になる』情報をしっかり調べて、マイペースで更新していきます(*´ω`*)



-雑談

Copyright© 気になるブログ , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.