本・マンガを置く場所がない悩みを解決する3つの方法

投稿日:2016年1月7日 更新日:

1111


本をよく買う人にとって置き場所は最大の悩みの一つです。

小説やビジネス書をよく読む人は本棚が溢れかえりますよね。
更にマンガやラノベになるとシリーズで続いていくので、毎月増えていって凄いことになります。

あとジャンプ毎週買うと驚きます(笑)

今回はそんな悩みを解決すべく、真面目に考えました。




Sponsored Link



1、捨てる

ただ捨てろと言ってもムリですよね。
すっきり捨てれていれば、このページは見ていないはずです。

ですので、次の方法を試してみてください。


1ー1、図書館にある本は捨てる

本を捨てられない原因は、また読む可能性があるからです。
いつでも借りて読むことができるなら、処分できるはず。

最寄りの図書館に行って、そこにある本は思い切って処分してみてはどうでしょうか。
図書館にある本なら、読みたい時に読むことができるので安心ですよね。

1ー2、レンタルできるマンガは捨てる


図書館と同じで、レンタルできるマンガは処分しやすいですね。
最近は大手レンタルチェーンでマンガを扱っている店は多くあります。

厳選したお気に入りのマンガは手元に置いておいて、他はレンタルという手もありますね。
購入せずにレンタルなら安いし、場所の心配はありません。

でも作者様のことを考えると、買ってあげて欲しい気も・・・

1ー3、ネカフェにあるマンガは捨てる


図書館やレンタルに無いものも、ネカフェならある場合もあります。
週1とか決めてネカフェに入り浸るのも楽しそうです。

1ー4、電子書籍を検討してみる

ネットで調べてみたのですが、思ったより読みやすいようです。
ちなみに私は読んだことないのです。

電子書籍はお試しで無料配布しているものもあるので、試してみて合う人は購入を考えてみては。

ちなみに自炊(手持ちの本を電子書籍にする方法です)は手間の割に残念な結果になることが多いようです。
斜めになったり小さなゴミが入ったりと。


2、本棚を考え直す

本棚にすでにぎっしり本が詰まっている人も、本棚を考え直してみてはどうでしょうか。


2ー1、種類別の本棚


マンガ専用の本棚、文庫本専用の本棚。
種類別の本棚は探してみると色々あります。
ネットで探すのが便利ですね。

普通の本棚だと無駄なスペースがあります。
専用本棚に変えればまだまだ収納可能な場合も多いです。

2ー2、奥行きのある本棚

専用の本棚と真逆の発想ですが、わざと奥行きのある本棚を買うという方法もあります。
奥行きのある本棚に、二重に本を置きます。

奥に単行本、手前に文庫とすれば、探すのはそんなに大変ではないです(実体験です)。

2ー3、収納付きベットを本棚代わりに

収納付きベットに本を置く方法はけっこう使い勝手がいいです。
背を上にして置けば、見たい本がすぐに見つかります。

そんなに読み返さないんだけど、手放したくは無い本の保管に丁度いいです。


3、自宅以外に保管する

よほど大きい家で無い限り、自宅に置ける量は限界があります。
どうしても手放したくない場合は、自宅以外も考えてみましょう。

3ー1、実家に預ける

自宅以外となると、実家が一番現実的です。
実家が田舎の一軒家の人はチャンスです。
思い切って置かせてもらいましょう。

自宅は本棚1つ分だけにして、あとは実家などルールを決めて仕分けしてみてはどうでしょう。

3ー2、レンタルスペース

最近は低価格から借りれるレンタルスペースがありますので、調べてみてはどうでしょう。
とは言ってもなかなか条件が難しいようです。

湿気と紫外線は本の天敵ですので、調べる時は注意してきましょう。

レンタルスペースに本とかマンガ置いてる人ってどうしてるんでしょうか。
定期的に行って、持ち帰って家で読んでるのか?

3ー3、部屋を借りる

金銭的はハードルが高いですが、思い切って部屋を借りるという手もあります。
本好きの夢ですね。

田舎の安い部屋なら、あるいは。
レンタルスペースと違ってその場で読めるので、使い勝手はいいでしょう。

金銭的に余裕がある人は考えてみてください。



以上です。
本好きには、置く場所の悩みが絶えないですよね。
宝くじでも当たれば、書斎付きの豪邸買うのにな。

では今回はこの辺で。
またね。


※ 関連記事はこちら ρ(・∇・*) ※
子どもに片付けさせる時の2つのルール。
本とは何か?



Sponsored Link

気になるブログの記事を読んでくれてありがとうございました。1歳の子どももいるし、のんびりムリせずがモットーです。

これからも『気になる』情報をしっかり調べて、マイペースで更新していきます(*´ω`*)



-家具, 雑談

Copyright© 気になるブログ , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.