富裕層の定義や意味!日本にどれくらいいるの?

投稿日:


ニュースなんかでよく聞く富裕層という言葉。一般的な定義や意味とともに、日本にどれくらいいるのかを調べました。

Sponsored Link

富裕層の定義や意味


富裕層は一定以上の富を持っている人という意味です。一定以上とはどれくらいなのでしょうか。

一番メジャーな定義は以下のものだと思います。

RBCウェルス・マネジメントなどの調査による富裕層の定義は、主な居住用不動産、収集品、消費財、および耐久消費財を除き、100万ドル以上の投資可能資産を所有する世帯としている。

(Wikipediaより引用)

ざっくりいうと、株、投資用不動産、現金なんかで100万ドル持っている世帯ってことですね。

わたしたち日本人は100万ドルと言われてもあんまりピンと来ないので、次は日本の場合を見ていきましょう。


日本における富裕層の定義や意味


日本における富裕層の定義としては

野村総合研究所は、「超富裕層(世帯の純金融資産5億円以上)」「富裕層(同・1億円以上、5億円未満)」に分類した調査を報告している。

(Wikipediaより引用)

1ドル=100円として100万ドルは1億円ってことですね。キリも良く覚えやすいです。

ってことで日本における富裕層の定義(意味)は株、投資用不動産、現金なんかで1億円以上持っている世帯です。


富裕層って日本にどれくらいいるの?


2015年に発表された世界の富裕層数ランキングトップ3です。RBCウェルス・マネジメントなどの発表です。

1位:アメリカ4,351,000(人)
2位:日本2,452,000
3位:ドイツ1,141,000

日本は2位で約245万人です。

日本の人口を1億2000万人とすると、だいたい2%くらいの人が富裕層ということになりますね。

40人のクラスに1人いるかいないかくらいの割合です。


富裕層よりさらにお金持ち!超富裕層


2014年にスイスの金融大手UBSが発表したワールド・ウルトラ・ウェルス・レポートというものがあります。

超富裕層と言われる純資産3000万ドル以上を所有する人に関するレポートです。

このレポートによると超富裕層は世界で21万1285人いるとされています。日本には1万4720人いるそうです。

純資産3000万ドルというと、日本円で30億円・・・想像もできません。そんな人が日本だけで1万人以上もいるんですね。ふつうに話してみたいです。どんな生活をしているのでしょうか。



以上『富裕層の定義や意味!日本にどれくらいいるの?』でした。

では!

Sponsored Link

気になるブログの記事を読んでくれてありがとうございました。1歳の子どももいるし、のんびりムリせずがモットーです。

これからも『気になる』情報をしっかり調べて、マイペースで更新していきます(*´ω`*)



-社会・経済, 言葉

Copyright© 気になるブログ , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.