『そんなふうに考えていた時期が俺にもありました』の元ネタはバキ

投稿日:


タイトルだけで9割くらいの人が満足してしまいそう。

まあ、それでもいいですけどね(笑)

『そんなふうに考えていた時期が俺にもありました』の元ネタは、漫画のバキです。

ちょっとだけくわしく解説していきますね。

Sponsored Link

『そんなふうに考えていた時期が俺にもありました』の元ネタはバキ


『そんなふうに考えていた時期が俺にもありました』の元ネタはバキです。

出てくるのはバキ25巻です。


『そんなふうに考えていた時期が俺にもありました』の元セリフ


『そんなふうに考えていた時期が俺にもありました』の元セリフは

ボクシングには蹴り技がない…………そんなふうに考えていた時期が俺にもありました


です。著作権の問題で画像貼れないのが残念。

ボクシングの使い手と対戦する人が『ボクシングには蹴り技がないから不完全だ』的なことを言います。

『そんなふうに・・・』は試合を見ていた主人公刃牙のセリフです。

インパクトがあり、使いやすいため様々なところで使われています。

『○○には××がない…………そんなふうに考えていた時期が俺にもありました』

という使い方です。

例えば

『酢豚にパイナップルは要らない…………そんなふうに考えていた時期が俺にもありました』

とか

『アイドルはCDを売らなきゃいけない…………そんなふうに考えていた時期が俺にもありました』

など簡単にパッと思いつきます。Twitterで検索してもたくさんヒットします。


ボクシングの蹴り技?


バキを読んだことがないかたは『ボクシングの蹴り技?』となっているかもしれません。

ボクシングはパンチですもんね。

しかしボクシングにも蹴り技は存在します。そう、ボクシングは大地を蹴る格闘技なのです。


実は過去に刃牙も・・・


『そんなふうに考えていた時期が俺にもありました』というセリフですが、実際に主人公刃牙はむかし『ボクシングは不完全だ』的な発言をしています。その理由の一つには『足技がない』こともしっかり入っています。

そんなわけで自分の発言をしっかり踏まえた上でのセリフです。

自らの過ちを認められるほど、刃牙が成長したんですね。



今回は以上です。

刃牙読んだことない人はぜひ読んでみてくださいね。めちゃくちゃ面白いですよ。

ちなみに僕は花山が好きです。

Sponsored Link

気になるブログの記事を読んでくれてありがとうございました。1歳の子どももいるし、のんびりムリせずがモットーです。

これからも『気になる』情報をしっかり調べて、マイペースで更新していきます(*´ω`*)



-言葉

Copyright© 気になるブログ , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.