アバンチュールって本来は「冒険」って意味だからな!

投稿日:



アバンチュールは日本での意味と、フランス語での本来の意味が違います。

和製英語ならぬ、和制フランス語?とでも言うのでしょうか。

日本とフランス語のそれぞれの意味を説明します。

Sponsored Link

アバンチュールの意味(日本)


グーグルで検索すると、次のように出てきます。

恋の冒険。火遊び。


そう。日本では「危険な恋」や「遊びの恋」という意味で使われますね。

・・・まあ日本人でアバンチュールなんて言ってる人は多くは無いかもですが。

よく使われる例として「ひと夏のアバンチュール」「旅先でのアバンチュール」などがあります。


アバンチュールの意味(フランス語)


グーグル翻訳でアバンチュール(aventure)を日本語に翻訳すると、

冒険


としか出てきません。「恋の」的なものは本来の意味には無いみたいです。

ちなみに英語のアドベンチャー(adventure)はフランス語のアバンチュールが語源だそうです。


ひと夏のアドベンチャー


ここまでの話の流れからするとですよ?アバンチュール=アドベンチャーな訳ですよ、本来は。

つまり『ひと夏のアヴァンチュール』は『ひと夏のアドベンチャー』なんです。

旅行先でいきなり

『どうだい?僕とひと夏のアドベンチャーしないかい?』

なんて言われたら

( ゚д゚)?

ってなりますよね。

というか、もはやただのワンパク少年です。


「冒険」が「危険な恋」になった理由


本来は『冒険』という意味のアバンチュール。なぜ『危険な恋』という意味で使われるようになったのでしょうか。

はっきりした答えは分かりませんが、フランスの色っぽい雰囲気と混ざったんだと思います。

『冒険』+『フランス人の色っぽい雰囲気』=『危険な恋』

だと僕は勝手に想像してます。

いつの間にか定着したのが、雑誌かなんかが仕掛けたのかまでは分からないですけど。



以上、【アバンチュールって本来は「冒険」って意味だからな!】でした。

じきに夏が来ます。羽目をはずさずに楽しんでくださいね。

では!

Sponsored Link


気になるブログの記事を読んでくれてありがとうございました。1歳の子どももいるし、のんびりムリせずがモットーです。

これからも『気になる』情報をしっかり調べて、マイペースで更新していきます(*´ω`*)



-言葉

Copyright© 気になるブログ , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.