ラップの歌詞の作り方!韻を踏む歌詞を書くコツ

投稿日:2016年7月12日 更新日:

sak

こんにちは!
今回は「ラップの歌詞の作り方!韻を踏む歌詞を書くコツ」というテーマです。

ラップの歌詞書くの初めてで・・・という方の参考になればと思います。
心意気とかではなく、具体的なコツや方法論の話です!



Sponsored Link




今回紹介する作詞法は3ステップです。

ステップ1:テーマを決める
ステップ2:関連する言葉を5つ書き出す
ステップ3:ステップ2の5つの言葉それぞれに、韻を踏む言葉を5つ書き出す


ひとつずつ説明していきます。
分かりやすくするために「コンビニ」に関する歌詞をつくりながら説明しますね。



ステップ1:テーマを決める

まずは書きたい歌詞のテーマを決めます。

「何を言いたいのか?」
「誰に言いたいのか?」
「敵は誰(何)か?」

の3つを決めるのがコツです。


ステップ1:具体例

何を言いたいのか?
 →コンビニ癒されるよね!みんなコンビニ行こうよ

誰に言いたいのか?
 →普段コンビニに行かない人に

敵は何(誰)か?
 →スーパーマーケット、ネットショップ

こんな感じで、テーマを決めていきます。



ステップ2:関連する言葉を5つ書き出す

テーマが決まったら、テーマに関係のある言葉を5つ書き出します。
連想ゲームみたいなイメージです。

5つと言いましたが、6つでも7つでも出せるだけ出した方が、歌詞の幅が広がります。


ステップ2:具体例

コンビニの連想ゲームです。
セブンイレブン、24時間営業、新商品がたくさん、便利

思いついたやつ何でもOKです。
ステップ1で決めた「敵は誰(何)か?」で出てきた

スーパーマーケット、ネットショップ

も使いましょう。
今回はこの6つの言葉を使います。


ステップ3:ステップ2の5つの言葉それぞれに、韻を踏む言葉を5つ書き出す

ステップ2の5つの言葉それぞれに、韻を踏む言葉を5つずつ書き出します。
これで5+5×5=30の言葉が出てきます。

この30の言葉を使って、歌詞を作っていきます。

今回言葉を探すのに使わせて頂いたのですが、ライムサーチ様すごいです。
韻踏みワードがざくざく見つかります。
いや、ほんとすごい。

韻を踏む言葉を探す方法については、こちらの記事で詳しく説明してます。
過去記事:韻を踏むコツ~韻を踏む言葉を探す5つの方法


ステップ3の具体例

ステップ2で書き出した言葉に韻を踏む言葉を5つずつ書き出します。


セブンイレブン(いい気分、微分積分、胸きゅん、G7、古文)

24時間営業(予定表、未来永劫、英語、体感映像、胃酸)

新商品がたくさん(雑巾、送信、教員、格段、スペクトラム拡散)

便利(亜鉛メッキ、遺伝子、電池、元気、ストレッチ)

スーパーマーケット(ネット、バケット、アウトレット、カーペット、ターゲット)

ネットショップ(ヘッドロック、本部、アイドリンクストップ、オートロック、五臓六腑)


書き出す時は「歌詞に使えるか」を考えないのがコツです。
そういう言葉も使うことで「おもしろい歌詞」になります。

長い言葉の時は、一部が韻を踏んでいればOKです。

出た言葉を使って歌詞を作ります。
全部使うわけではなく、使えそうなものを拾っていくイメージです。



出てきた言葉を組み合わせて完成


ステップ3で出た言葉を組み合わせて完成です。


タイトル「コンビニ行かないとか、ドン引き」

微分積分?古文?G7?
学校の勉強はちょっとノーセンキュー

気分転換はコンビニに行くぜ
いい気分、もちろんセブンイレブン

未来永劫いらない予定表
だって毎日24時間営業

いつでも新商品がたくさん
まるでスペクトラム拡散

アウトレットなスーパーマーケットや
ネットショップとは違う顧客ターゲット

かゆいところに手が届く
まさに五臓六腑に染み渡る

超便利。行けば電池交換したみたいに元気
ストレッチより効く、それがコンビニ

[完]



・・・我ながらセンスの無さ!

出てきた言葉の組み合わせはセンスです。
そこのコツは知りません。
むしろ教えて下さい。


ラップの歌詞の作り方ということで紹介しましたが、ふつうの曲にも応用できると思います。
歌詞作りに詰まった時に試してみてください。

がっつり作りたい人は10×10の100ワードくらい書き出してみて下さい。


ではでは今回はこの辺で!




Sponsored Link

気になるブログの記事を読んでくれてありがとうございました。1歳の子どももいるし、のんびりムリせずがモットーです。

これからも『気になる』情報をしっかり調べて、マイペースで更新していきます(*´ω`*)



-フリースタイルラップ

Copyright© 気になるブログ , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.