クロールで遠泳する時のコツ、練習方法をざっくりと!

投稿日:2016年5月12日 更新日:

p

クロールで遠泳する時のコツ、練習方法をざっくりと紹介します。
実際に僕が体験したコツと練習方法です。



Sponsored Link




バタ足しない

僕も最初はクロール25mで息が切れてました。
でもプールには実際に1kmくらい泳いでる人っていますよね。

遠泳している人のクロールと自分のクロールを比べてみて気づきました。
長い距離を泳いでいる人は、ほとんど足を動かしてないんです!

バタ足をしない。
これが遠泳のコツです。

知ってたらなんてことないんですけどね。

実際に泳ぎで一番疲れるのは足だそうです。
長く泳ぎたいなら、足はほとんど動かさずに手で進んでいくイメージでやってみて下さい。


ゆっくり泳ぐ

あたりまえかと思われるかもしれませんが、最初はゆっくり泳いでください。
かなりゆっくりです。

筋肉には2種類あり、「速く泳ぐ筋肉」と「ゆっくり長く泳ぐ」筋肉は別物です。
「速く泳ぐ筋肉」は速筋、「ゆっくり長く泳ぐ筋肉」を遅筋といいます。

意識して「ゆっくり長く」泳いでいるうちに遅筋が鍛えられ、長い距離を泳げるようになります。

きれいにゆっくり泳ぐ人は、音があまりしないです。
バタ足もしないし、腕もゆっくりと回すので、水面がばちゃばちゃなりません。



この2つだけです。
「バタ足せず」に「ゆっくり」泳ぐ。

単純すぎるくらいですけど、効果はばっちりだと思いますよ。


ではでは、今回はこの辺で。


Sponsored Link

気になるブログの記事を読んでくれてありがとうございました。1歳の子どももいるし、のんびりムリせずがモットーです。

これからも『気になる』情報をしっかり調べて、マイペースで更新していきます(*´ω`*)



-ダイエット, 雑談

Copyright© 気になるブログ , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.