「手帳に書くことがない!」をぶっ倒した、私の手帳の使い方

投稿日:2016年3月21日 更新日:

te



「やっぱスケジュール管理は手帳だろ、俺もおとなだし。」
なんて手帳を買い初めて、はや2年。

一年目を一言で言うと「手帳に書くことがない!」でした。

でも二年目に入り「手帳に書くことがない!」をぶっ倒しましたよ。
そんな私のゆるーい手帳の使い方を紹介します。


Sponsored Link



手帳の選び方

まずは、私の手帳の選び方を紹介します。

1、大きめサイズ

大きめサイズのを選ぶのは、書き込みしやすいからです。

最初は持ち運び考えて小さいの買ってたんだけど、あんまり向いてないみたいです。
普通のノートくらい大きめのものを選ぶようにしています。


2、予定表がマンスリー

一か月の予定がざっと見れるものが好きです。
私はそんなに予定がないので、ウィークリー予定表は要らないです。
「手帳に書くことない!」なんて思っている人はマンスリーでOK!


3、空白のノートページがたくさんある

私は手帳をいつもバックに入れてます。
前は手帳とノートを2冊持ち運んでたんですけど、結果ノートしか使わない事態になりました。
そしてそのうち手帳は家でお留守番に。
今は手帳はノートがわりにして、何でもかんでも書き込んでいます。


「手帳に書く」を習慣にする

「手帳に書くことがない!」という私はまず、手帳への書き込みを習慣にしました。
とにかく色々書いてみる。
汚すことに慣れる。


手あたり次第に書き込んでいくと、そのうち自分のスタイルが生まれてくるはずです。

私は最初のころ

「仕事のスケジュール」
「プライベートのスケジュール」
「仕事の各週目標」
「仕事の目標達成率」
「毎日の体重」
「読んだ本の名前」
「訪れた場所やお店の名前」
「食べたもの」
「日記」

なんかを書き込んでいました。
この時点ではルールは特に設けず、何でもいいので手帳に書くことを意識してました。
今見るとごちゃごちゃです(笑)

いろいろ書き込んでいくうちに合わないものが勝手に剥がれ落ちていきます。
今現在手帳のスケジュールページに書き込むのは

「仕事のスケジュール」
「プライベートのスケジュール」
「仕事の月間目標」

だけです。
後ろの空白ページは何でも書いていいノートとして使っています。

手帳に書き込む習慣さえあれば、勝手に自分のスタイルができていきます。
私はガンガン使って手帳を汚すことに慣れることから始めました。







手帳は「忘れるため」に書く

私も学生時代は先生の板書をノートに書き写していました。
あのノートは「覚えておくため」に書くものですよね。
テストはノート持ち込み不可なので、自分のあたまに入れる必要があります。

いっぽうで手帳は「忘れるため」に書くものです。
手帳を毎朝見る習慣があれば思い出すことができるので、安心して忘れることができます。
日記は過去のことを、手帳は未来のことを書きます。

手帳に書いた「未来」が「過去」になった時点で、そのページは要らなくなります。
軽い気持ちでガシガシ使うのがいいと思いますよ。

とはいいつつ、手帳は過去を振り返る時も便利ですけどね(笑)
スケジュール書いておけば、今後の参考にもできますし。

「きっちりな勉強ノートとは違うから、手帳はもっとテキトーに気楽に使っていいんじゃない?」
ってことです。
1年後には捨てるものとして、気楽に付き合っていきましょうよ。


手帳の使い方いろいろ

手帳に書くことさえ習慣にしてしまえば、あとは勝手に自分のスタイルが出来上がります。
例として手帳の使い方いろいろを紹介します。

■スケジュール手帳
<記入項目>
・仕事のスケジュール
・プライベートのスケジュール

オーソドックスなスケジュール帳です。
仕事とプライベート別々の手帳は、見比べるのがメンドくさいので辞めた方が無難です。


■夢を叶える手帳
<記入項目>
・叶えたい夢・目標
・夢・目標達成のための逆算スケジュール
・スケジュール達成度

夢や目標をかなえるための手帳です。
夢達成の日を決めて逆算的にスケジュールを書き込んでいきます。
「〇✕」や「%」で達成度を書いていくと、進み具合が分かります。


■ダイエット手帳
<記入項目>
・毎日の体重
・運動スケジュール

これチャレンジしてみたんですけど、私にはムリでした(笑)
今は体重は手帳じゃなくて、カレンダーみたいな紙に毎日書いてます。
こういう記録をする系はなかなか続かないんですよね。
できる人尊敬します。


経験則ですが、あれこれ欲張っても結局ワンテーマの手帳になります。
「これ」ってやつが自然に残るはず。


まとめ

それでは最後に今日の記事のまとめです。

■手帳選びは「でかい」「マンスリー」「白紙ページが多い」ものを
■手帳はバックに毎日入れておく
■細かいことはいいから「手帳に書く」ことを習慣にする
■そのうち勝手に自分のスタイルが出来上がる


以上です。
手帳使ってたら、なんか仕事できそうでカッコいいですよね!
なんかカッコいいって感覚は大事!

では今回はこの辺で。


※ 関連記事はこちら ρ(・∇・*) ※
本とは何か?
家での休日を充実させる24の方法


Sponsored Link

気になるブログの記事を読んでくれてありがとうございました。1歳の子どももいるし、のんびりムリせずがモットーです。

これからも『気になる』情報をしっかり調べて、マイペースで更新していきます(*´ω`*)



-仕事術, 雑談

Copyright© 気になるブログ , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.