楽天トラベルやじゃらんの「ふるさと割」ってお金どこ負担?

投稿日:2015年12月13日 更新日:

2


こんにちは。

先日、熊本に旅行に行った時のことです。

宿を決めようと、私はいつものように「楽天トラベル」を見てました。

そこに見慣れない「ふるさと割クーポン」の文字。


・・・おお、安い。

ということでご飯が素敵そうな宿に決めました。


そして実際に行ってみて驚き。

「ご飯のクオリティ高いけど、この金額で大丈夫なのか?」

そう考えてしまうほど。


そして続けてこう思ったのです。

「・・・え?これ旅館の経営大丈夫なの?」


そんなわけで、「ふるさと割」はどこがお金出すのか調べました。





Sponsored Link




■「ふるさと割」は国の負担


「ふるさと割」は国が取り組む地方創生事業のひとつ。

ふるさと旅行券も同じです。


目的を言ってしまうと

「国がお金出すんで、地方にお金を落としてね」

ってことですね。


私たち利用する側からすると、とても有り難いですね。

安くでお得に旅行できたり、ホテルに泊まれたりしちゃいます。


ホテル側の負担ではないので、安心しておいしいご飯を食べましょう(笑)


ふるさと割もすごく人気が高く、売り切れ続出です。

いいものを見つけたら、早めにゲットしたいですね。



■ふるさと割はどの旅行サイトにあるの?


ふるさと割があるのは以下の4つの大手旅行サイトです。


・楽天トラベル

・じゃらん

・Yahoo!トラベル

・るるぶトラベル


人気の高い地域からクーポンは無くなっていきます。

気になったらゲットしましょう。



■キャンセルや不使用はどうなるの?


「ふるさと割」を使って予約した後、キャンセルしたらクーポンがなくなります。

もう一度予約したい場合はクーポンを再取得しないといけないので気をつけましょう。


クーポンを獲得したのに使わなかったらどうなるのでしょう。

ふるさと割は[クーポンは取得後、「先着○○名様」がご予約で使える]という形。

クーポンを持ってるからといって、必ず使えるわけではないし、使わなくてもペナルティ等はありません。


つまり、不使用でも誰にも迷惑はかかりません。

お金も発生しません。

だから行きたいなら、とりあえず取得すべし。



■地方活性化が目的です


ふるさと割はとても使い勝手がいいです。

国がお金を負担してくれて、お得に旅行できます。


目的は地方活性化。


余裕があればで大丈夫です。

浮いたお金でちょっと地元の名産物買ったり、

楽しかったら来年も行ってあげたりして下さい。



まあ行くだけでも、十分に意味ありますけどね。



じゃあ今回はこの辺で。

またね。





Sponsored Link

気になるブログの記事を読んでくれてありがとうございました。1歳の子どももいるし、のんびりムリせずがモットーです。

これからも『気になる』情報をしっかり調べて、マイペースで更新していきます(*´ω`*)



-旅行, 社会・経済

Copyright© 気になるブログ , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.