え!?ノートもペンも持ってないの!?推理小説に学ぶ頭の整理法

投稿日:

a0002_011007


突然ですが、あなたのバックにノートとペンは入っていますか?

持っていない人もけっこういると思います。


ノートとペンは、忘れてはいけないものを書くためアイテムと思っている人が多いでしょう。

授業ノートとか、会議の議事録みたいに。


しかし、その使い方だけではノートとペンのポテンシャルを使いこなせていません。

ノートとペンはもう一つ、とても重要な使い道があるんです。





Sponsored Link




ノートとペンのもう一つの使い道、それは


考えていることを整理すること。

目で見えるようにすること。



です。


とある推理小説を読んでいたんですけど、その主人公が紙と鉛筆が無くて推理に困るんです。

事件やトリックについて考えるんですけど、目に見える形に整理できない。


紙と鉛筆が無いのが、推理に影響するなんて思いませんよね。

たいていの物語の名探偵は、いつだって頭の中ですべてを解決してしまいます。


推理に紙と鉛筆がいる。

凄くリアリティありません?


これは物語の話だけではないですよね。

私たちが暮らすリアルの世界でもそうです。


何かを考えようと思ったら、ノートとペンを使って書き出してみて下さい。

何か不安があるなら、不安なことを書き出してみる。

不安になるのは「よくわからない」ことが原因です。

正しくアプローチすれば、「不安」は「解決すべき問題」になります。



バックに忍ばせるノートは何でも書いていいノートにするのがコツです。

ごちゃまぜメモノート。

必要なら、家で備忘録ノートを別に作るといいと思いますよ。


ちなみに私もバックにノートとペンを入れています。

悩んでいることを書き出してみると、意外と何も考えてなかったりしてます(笑)

お試しに今度、ノートとペンをお出かけに連れていってあげて下さい。


じゃあ今回はこの辺で。

またね。



Sponsored Link

気になるブログの記事を読んでくれてありがとうございました。1歳の子どももいるし、のんびりムリせずがモットーです。

これからも『気になる』情報をしっかり調べて、マイペースで更新していきます(*´ω`*)



-仕事術, 雑談

Copyright© 気になるブログ , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.