1オクターブとは?カラオケで何音上げればいいの?

投稿日:


「1オクターブ上げる」とか「1オクターブ下げる」という表現ってよく聞きますよね。

そもそも「1オクターブ」とは何なのでしょうか?

カラオケで何音上げれば(下げれば)1オクターブ上(下)になるのでしょうか?

専門用語を使わずに、分かりやすく説明します。

Sponsored Link

1オクターブとは?


1オクターブとは【ある1つの音】から【次の同名の音】までの幅のことです。

音の高さはドレミファソラシドですよね。

例えば【ファ】から【次の高い ファ】までのことを1オクターブといいます。

【レ】から【次の次の低い レ】までなら2オクターブです。


1オクターブのオクトは8


音の高さを数えると

(1)ド(2)レ(3)ミ(4)ファ(5)ソ(6)ラ(7)シ(8)ド

で1オクターブは8音です。オクターブという名前にも数字の8が関係あります。

オクターブ(octave)のオクト(oct)はギリシャ語で8を意味します。

ちなみにタコ焼きのタコは英語でオクトパス(Octopus)。これもタコの足が8本であることからきています。


カラオケで1オクターブ上にするには何個上げればいいの?


先ほど1オクターブは8音と書きました。

しかし、8音というのは#(半音上げる)をカウントしていません。

ふつうカラオケは半音ずつキーが上がったり下がったりします。

#を入れると、

(1)ド(2)ド#(3)レ(4)レ#(5)ミ(6)ファ(7)ファ#(8)ソ(9)ソ#(10)ラ(11)ラ#(12)シ(13)ド

となるので、1オクターブ上げるには12上げる必要があります。

同じように1オクターブ下にしたいなら、12上げる必要があります。


カラオケで1オクターブ上にはできない


先ほどカラオケで1オクターブ上にしたいなら、キーを12上げる必要があると書きました。

しかし、実際のカラオケでは±6までしかできません。

±6あれば、すべてのキーに対応できるからです。

例えば、歌いだしが「ド」の曲は1オクターブ上にしても歌いだしは「ド」です。

同じ「ド」なので、自分の歌声だけ1オクターブ上にすれば、きれいに聞こえます。

半音で+8で歌いたい時は、-4して1オクターブ上で歌えばOKです。

このように±6ですべてに対応できるので、基本的にはカラオケにはそれ以上のキー操作機能はついていません。


以上『1オクターブとは?カラオケで何音上げればいいの?』でした。


私は高校生の頃、毎週末のように安いカラオケに行っていました。よく飽きなかったですね、我ながら。

まあ、今でもカラオケ好きですけどね。そんなに行かなくなりました。大人になるってそういうことなのでしょう。


ではでは、今回はこの辺で。


Sponsored Link

気になるブログの記事を読んでくれてありがとうございました。1歳の子どももいるし、のんびりムリせずがモットーです。

これからも『気になる』情報をしっかり調べて、マイペースで更新していきます(*´ω`*)



-言葉

Copyright© 気になるブログ , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.