お金の1kはいくら?kは何の略でどういう意味?

投稿日:


ネットで1k(お金の単位)という書き方をよく見かけます。

1kとはいくらなのでしょうか?

kが何の略でどういう意味なのかも含めて、分かりやすく説明します。

Sponsored Link

お金の単位 1kはいくら?


まずは結論から。

1k=1000円です。

まあ、最初の画像でネタバレしてますけどね(笑)

5kは5000円、10kは1万円、725kは72万5000円ですね。


kは何の略でどういう意味?


kはキロの略です。

みなさんの体重の「kg(キログラム)」のキロです。

1000g(グラム)=1kg(キログラム)ですね。

マラソンでも使われています。

42.195km(キロメートル)=42195m(メートル)

『キロ』とググると意味がでてきます。

基準となる単位名に冠し、その千倍に当たる意を表す語。記号k。特に「キロメートル」「キログラム」「キロワット」等の略。


kの意味は『1000倍する』です。

1k(円)=1000(円)。

ネットでは円は省略されていることがほとんどですね。


使われるようになったきっかけは?


kが使われるようになったきっかけは、単純に文字数です。

『1000円』と書くより『1k』の方が文字数が少ないし、早いです。

不用品売買の掲示板などで文字スペースが限られていたため、重宝したという説があります。

※きっかけについては個人的な見解です。ほかにも諸説あります。


『k』の他にこういう使い方する記号はある?


kの他に、同じような記号がないか調べました。『SI 接頭辞』いう名前だそうです。

現実的に使うかもしれないところまで紹介します。

■1k(キロ)=1000
■1M(メガ)=1000k=100万
■1G(ギガ)=1000M=10億
■1T(テラ)=1000G=1兆

1000倍ずつ増えていきます。
お金に関して1兆・・・一生使わないような気がします(笑)

ネットでもk以外はお金の単位として、ほとんど見かけません。
あまり浸透していないといっていいでしょう。

まだまだ上もありますので、興味あるかたは↓のウィキペディアをどうぞ。

SI 接頭辞(wikipedia)


まとめ


最後に今日のまとめです。

1K=1000円。kはキロの略。

一度わかっちゃえば単純な話ですね。


以上、『お金の1kはいくら?kは何の略でどういう意味?』でした。

じゃあ0.5kの弁当食べるんで、今回はこの辺で。


Sponsored Link

気になるブログの記事を読んでくれてありがとうございました。1歳の子どももいるし、のんびりムリせずがモットーです。

これからも『気になる』情報をしっかり調べて、マイペースで更新していきます(*´ω`*)



-言葉

Copyright© 気になるブログ , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.